中高生の保護者向け「ネット削除」ガイド

個人情報や誹謗中傷を削除依頼する方法

中学生や高校生がインターネット上で誹謗中傷を書き込まれたら、真っ先にやるべきなのは「削除」することです。ネットの削除は難しいと思われがちですが、必ずしもそうではありません。コツさえ分かれば、大半は削除できます。このサイトでは、そうした方法について、解説していきます。

個人情報(氏名や住所、学校名など)

2chやツイッターに個人名などが書かれたら!?

中学生・高校生が、2ch(2ちゃんねる)やツイッターに個人情報や誹謗中傷を書かれたら、すぐに削除依頼を出しましょう。

親権者が代理人として削除する

中学生・高校生など未成年者のネット誹謗中傷は、親(親権者)が代理人となって削除依頼を行うのがふつうです。

自分のTwitterを削除する

ツイフィールやツイプロも削除

中学生や高校生が自分のTwitterの書き込みを削除するには、手順を追って行う必要があります。とりあえずアカウントを残した状態で、ツイッターに連携しているツイフィールやツイプロも削除する必要があります。場合によっては、「togetter」(トゥゲッター)なども削除しなければなりません。

<twitterの連携サイト一覧>
サイト名URL削除方法詳しくはこちら
twtland
(ツイランド)
http://ja.twtrland.com/profile  
retweetrank
(リツートランク)
http://www.retweetrank.com/dashboard/analytics?account=new&message=Welcome+to+Retweet+Rank!  
twipro
(ツイプロ)
http://twpro.jp/home/timeline  
crumbel
(クランブル)
http://crumbel.com/  
whotwi
(フーツイ)
http://whotwi.com/  
twilog
(ツイログ)
http://twilog.org/  
ツイフィール

http://twpf.jp/signup  
favstar
(ファブスター)
http://ja.favstar.fm  
tweettunnel
(ツイートトンネル)
http://tweettunnel.com/reverse.php  
meyou
(ミーユー)
http://meyou.jp/  
togetter
(トゥゲッター)
http://togetter.com/  
favolog
(ファボログ)
http://favolog.org/  
tweetvite
(ツイートバイト)
http://tweetvite.com/  
ツイッター投稿で失敗したら

中学生や高校生が自分でツイッター上で議論を醸し出すようなことを書いて、それが原因で炎上してしまうこともあります。個人名や学校名が特定され、晒されないようにするのが先決です。削除しましょう。

炎上した時の対応

晒されたら削除する

ツイッターなどが炎上し、個人情報を特定され、晒されてしまったら、順次削除するしかありません。その場合、親権者である親が代理人となって削除を依頼しましょう。あるいは、行政書士に相談するのもいいでしょう。行政書士は法律の専門家です。削除依頼に詳しい行政書士であれば、役に立つアドバイスをしてもらえるはずです。

削除依頼の文書をつくるなら行政書士

削除依頼の文書をつくるなら、IT専門の行政書士に頼みましょう。

自分の画像をアップされたら?

拡散する前に削除を

中学生や高校生が、自分の画像や動画を無断でネット上に公開されたら、削除してもらいましょう。画像や動画は目立つので、いち早く対応することが大切です。

画像や動画を検索で非表示に

画像は、画像検索でヒットしやすいので、元のサイトから削除するとともに、検索に表示されないようにするのが大事です。GoogleやYahooなど検索エンジンのキャッシュに残らないように、検索エンジンにも削除の手続きを行いましょう。

ネットいじめ対策

いじめの2ch書き込みは削除しよう

陰湿なネットいじめが横行しています。同じ中学校、高校の生徒によって、ツイッターで良からぬ書き込み(ツイート、つぶやき)を行われたり、2ch(2ちゃんねる)に書き込まれたりして、苦しめられるケースが増えています。こうしたいじめ行為に対しては、早めに削除を行うことが有効です。

学校裏サイト対策

できればスレッドごと削除を

学校裏サイトや掲示板については、削除(閉鎖)するのがベストです。個別の書き込み(レス)を削除することも大事ですが、できるだけ板(スレッド)ごと削除するのがいいでしょう。

また、削除したあと、Googleのキャッシュを消去することで、検索サイトに表示されなくなります。

スマホ教育

中学生・高校生のスマホ教育

ネット教育はたいへん重要です。中学生や高校生は気軽な気持ちで書き込んでしまうことが多いです。後で後悔しても後の祭りです。そうならないように、日ごろから教育を行っておくことが重要になります。ネット削除情報センターでは、全国でセミナーを行っています。

行政書士に削除依頼

ITに詳しい行政書士による削除

ネット削除は行政書士に依頼するのが、たいへん安上がりです。行政書士が法律に基づく文書を作成してくれます。

中高生の逆SEO

個人で検索したときの検索結果を改善

中学生や高校生がネットで個人名や学校名を晒された場合、「逆SEO」という対策を行うことも一つの選択肢です。インターネットの掲示板の書き込みは、残念ながら、すべて削除できるとは限りません。とくに、ツイッターは削除になかなか応じないことで有名です。削除できない場合、あるいは、削除するための法的手続きや裁判に時間がかかるときは、逆SEO対策を行っておくことが大事です。

逆SEOとは

ネット削除情報センターでは、削除だけでなく、逆SEOも行っております。
中学生や高校生が誹謗中傷されたとき、その親権者の方からのご依頼により、逆SEO対策を行います。
Twitterや2ちゃんねる(2ch)などの対策を行います。丁寧に逆SEO対策などについてコンサルティングを行い、解決に向けてサポートをいたします。